tel-free-number.gif

バイク便 料金 東京多摩地区発の荷物ならアシストラインまで 0120-38-0819

多摩地区からのバイク便の緊急集荷はアシストラインまで

バイク便2011-09f 010b

0120-38-0819 ※このフリーダイヤルは携帯からもつながります。

弊社は東京都下(多摩地区)の郊外で集荷する緊急専門のバイク便です。

運送距離10kmまでは均一設定の3150円税込(平日昼間) 

弊社の売りは中長距離が迅速かつ格安であるという点です。

 集荷の対応MAPはリンク先を参照願います。
 →バイク便アシストラインの集荷対応地区が分かるページへ

 料金概要
 →バイク便アシストラインの料金の解説ページ

 本サイトはこちら
 →バイク便アシストラインのメインウェブサイト

弊社は郊外発の荷物がターゲット。都内と違い、運営費用は当然格安です。

つまり料金も格安です。

弊社は10km以内の料金を3150円均一(税込)にしたスタート運賃です。

すでに格安ですが、 ※是非他の業者の10kmの運賃を是非参照してみてください→検索:ワード「バイク便」

1kmの運送から対応する業者と比べた場合、一見すると少し高めに見える場合もあるかもしれません。

ですが、弊社は1kmごとの料金が安い。

つまり、運送する距離が伸びれば伸びるほど運賃は他の多くの業者より安くなります。

都内へ、または都内を越して千葉や茨城へまたはもっと遠くへ。

中長距離の依頼は是非アシストラインまでご連絡ください。


郊外では都内に比べるとバイク便の需要は激減します。企業の数も桁違いに違いますので当然です。

23区内のようにライダーが密集して待機することは難しく、

よほど良い企業に利用していただくことでもない限り

短距離の依頼を激安で数多くこなす事は不可能と断言してよいでしょう。

弊社は中長距離に重きを置き、運賃に反映する距離単価を格安設定にさせて頂いております。

運送距離が伸びるほどその運賃の圧縮効果は抜群です。

30km・40km程度でも他業者に比べ弊社はかなり安くなることが多いです。

運送距離が50km以上ともなればその差は甚大です。

距離が伸びればバイク便業者間の運賃の差は非常に大きな開きが生じます。

パッと見た料金が安いのか、よくよく検討すると安いのか。

弊社は後者を重視します。

たとえ頻度は低くとも、中距離・長距離の依頼を中心に迅速かつ確実に緊急運送致します。

ここに本分を置くのがアシストラインというバイク便です。

多摩地区に位置し、都内や近県への運送がある方は是非弊社をご利用ください。

お客様は他の業者よりも安心感を持ってより早くより安く!

ライダーは主に高速を使う案件を迅速かつ効率良く荷物を運ぶことが出来るわけです。

現状の依頼の実情を鑑みると、弊社の3150円の部分はまだ安すぎると考えています。

開業して5年以上頑張って参りました。

しばらく経過した現状において、サービス期間は終了と考え、

近い将来にはこの部分、一見様に対しては見直すことを検討しております。

是非お早めに弊社との縁を!

地域からの全ての依頼をこなせるとは考えておりませんが

まずはじめに利用したいと候補に挙がる業者でありたいと常に考えて続けております。

多摩地区発、急ぎの荷物はバイク便 アシストラインまで
0120-38-0819
http://www.assist-line.net/

バイク便


余談ですが

郊外において、仮に1kmを1000円以下の運賃で提供し、実際に依頼が発生した場合、

実際のところ頻度は少ないと思われますが、発生してしまった場合、

負担はライダーに重くのしかかります。

このケースは個人的には気持ちに折り合いを付けて気持ち良く運ぶ

自信がまったくありません。

なぜか? 郊外では各ライダーの守備範囲が広く、

集荷まで30分以上かかることも日常茶飯事だからです。

つまり、安すぎるスタート運賃はたいていの場合効率が悪すぎてライダーの気持ちを腐らせます。

こういった事情から、1kmからのスタートではなく10kmまで均一の3150円税込からの仕切りの運賃

となっております。ご理解のほどを宜しくお願い致します。
posted by バイク便ライダー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク便 料金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 バイクブログへ バイク便八王子立川所沢0120-38-0819 - View my recent photos on Flickriver