tel-free-number.gif

バイク便 深夜 多摩地区

東京西多摩地区・埼玉南西地区において、

深夜に緊急の荷物に対応できるバイク便ライダーがどれだけ存在するか?

東京には多数の24時時間営業バイク便業者があります。

23区内であれば十分に対応されるでしょう。

しかし郊外となると・・・

実際のところ実態は不明ですが、知る限りでは

まじめに取り組んでいる業者が多数あるとは思えません。

需要の少ないところに供給が過剰になっているとは思えません。

弊社を見つけられるかどうか、見つけていただく為の努力は

思いつく限り、予算と時間の許す限り最大限にしています。

もしあなたが洗練された検索能力をお持ちなら、

現状で弊社が目に留まる可能性は高いと自負しております。

それだけの努力を日々行っております。

郊外の需要が過疎な地域でも

深夜でも応えられるライダーがいる。

見つけやすく、かつ、リーズナブル。

もし西多摩地区・埼玉年西地区発の荷物を出す可能性がある方が

この記事に出会い、ここまでお読みいただけたのでしたら、

是非とも弊社の事を覚えておいてください。

困ったときに電話一本。

迅速に荷物をお届けする会社がここにございます。

qr-code-mobile-address.jpg

最大のコストパフォーマンスを発揮できるバイク便であるよう

地域に根を張り日々努力しております。

------------------------------------------------------------

東京多摩地区、埼玉南西地区発の荷物を扱うバイク便です。

八王子 立川 青梅 所沢 川越 入間 即集荷 納品は全国対応

バイク便0120-38-0819

バイク便 アシストライン 本家サイト http://www.assist-line.net/

にほんブログ村 バイクブログへ

posted by バイク便ライダー at 16:41 | 東京 ☁ | バイク便

バイク便として行きたくないビルがある

本日都内某ビルに納品

だだっ広い敷地。敷地内数十メートル奥に入った所に地下駐車場のスロープがある。

無人。

とりあえず駐車場入口の手前まで入り、入口を見ると

「納入業者は地下駐車場へ」とあり、

入場券が出る機械が構えている。

バイクに関しては一切記載無し。

突入するとトラブルの気配。

こういう所は信じられないような言葉が口から出てく

る守衛がもれなくセットの確立70%

最悪な守衛に遭遇すると、録音してテナントさんに聞かせてあげたくなります。

「あなたのビルのフロントマンはこんなです」と。



駐車場入り口手前でしばし悩むも、だれも外にはいないので聞き

ようが無い。仕方なく地下スロープに入らず、脇にあるスペースに

ちょいと駐車させてもらい、ロビーへ

するとロビーで。

「バイクをどけろ」という内容がロビーの守衛のレシーバーの音が

漏れて聞こえてきた。

こんな速攻の対応ができるくせになぜ未然に防ぐ案内ができ

ないのか?

ほんとに不思議です。

ではどこへとめれば良いですか?

と聞くと「バイクはダメだ。」

「道路に停めろ」と。

やはり地下駐車場には入らなくて正解ではあった。

敷地内もアウト。少し不正解。

しかし、初めてで理解できるわけが無い。

「納入業者は・・・」の看板は敷地内に数十メートル入った地下駐車場

入口の所にあるの小さな案内なのだから。

しかもバイクはダメとは書いていない。


目の前の路上は駐車禁止

駐車禁止→罰金15000円 1点減点。

バイク便のライダーは路上駐車のリスクをいちいち負ってられません。路上駐車なんて頻繁にしてたらすぐに免許が消し飛びます。

納品でビルに入り、監視員に遭遇すれば即アウトです。

安全に納品するには担当者にビルの外に来て頂くしかありません。

どうみてもかなりの頻度でバイク便が来るテナント構成。

バイク便の歴史より浅い築年数であることは疑いようが無い。

多少便宜を図ってもらえないものなのでしょうか?

こういうビルは結構沢山有ります。働いている人もさぞ面倒なことで

しょう。遠いオフィスから出てこないと荷物が受け取れないなんて。

守衛さんもバイク便が来るたびに面倒な対応をしなければならない。

毎度のことなので態度がどんどん悪くなっていく。

無用なトラブルの予感。

仮に荷物の送り先がミスしてバイク便を利用というの流れだった場合、

先方のミスで遅れた荷物を怒り心頭で担当者が貴重な10分を割いて

外まで取りに来る。受け取る担当者は更に腹が立つ。雨なんて降っ

ていようものなら・・・。無用な負の連鎖が起きるかもしれません。

こういうビルで働くと・・・さぞストレスがたまりそうです。


荷物のお届けに伴い、已む無く中に入れず、

最悪の場合外まで来て頂く場合もございます。

ご理解の程を宜しくお願い致します。


バイク便ライダーは人知れず可能な限り地雷を踏まないように心配りし
つつ荷物をお届けしています・・・。




posted by バイク便ライダー at 19:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | バイク便

バイク便 夜間(深夜)集荷→翌朝(早朝)納品

宅急便の受付が終了したら、翌日に納品できる方法は限られてきま

す。バイク便の出番です。夜間に集荷してそのまま納品直行ももち

ろんですが、翌朝一番の納品や、納品先の始業に合わせた時間指定な

ど柔軟に対応いたします。

電話は24時間年中無休で対応しております。

バイク便0120-38-0819

お気軽にお問い合わせください。
posted by バイク便ライダー at 20:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク便

首都高 5号線 一部開放 上下線走ってみた タンクローリー事故 通行止

本日所沢→千代田区という運送があり、仕事がてら所沢IC→飯田橋出口と事故現場を通過しつつ走ってみました。


大きな地図で見る

部分的に1車線なので渋滞はあるもののお盆休みで交通量が少ない影響なのか、、上りはそれなりに流れてましたいた。おそらく事故箇所であろう所は道路が陥没していました。普通に舗装でアスファルトを盛れば良いという感じではなく、道と壁がグニャリと曲がってしまって落ち込んでしまったという様相でした。

帰りは下りも通りましたが、熊野町JCTあたりから板橋JCTあたりまでが1車線に規制されて見慣れない感じになっていました。1車線部分までは渋滞していましたが、それ以降はスムーズでした。通れないよりもずいぶんましともいえますが、すでにお盆で交通量が少ない状況でも混んでいるということは、お盆を明けたら・・・渋滞は末期的な状況になるかもしれませんね。

既に下り線の様子がyoutubeに。便利な世の中ですね。



せっかく開通したばかりの西新宿←→熊野町は今のところ通行止め続行でしばらく通れないようです・・・。

バイク便アシストライン[Blog版 トップページ]

にほんブログ村 バイクブログへ

------------------------------------------------------------

東京多摩地区、埼玉南西地区発の荷物を扱うバイク便です。0120-38-0819 八王子 立川 青梅 所沢 川越 入間 即集荷 納品は全国対応

バイク便★アシストライン

------------------------------------------------------------


posted by バイク便ライダー at 20:26 | 東京 ☁ | TrackBack(0) | バイク便

首都高 通行止め 5号線 事故 続報

[日本経済新聞 画像有り]
首都高や幹線道路、朝から大混雑 タンクローリー炎上事故


検分の結果、未だはっきりした規制解除の目処が立っていない模様。

尚、8/4 21時よりう回措置が実施されています。

通行止め う回措置

う回措置適用にはETCではなく一般レーンを使うようです。

ETCカードを抜いて一般レーンへ

すぐにカードを抜けない形でETCを搭載している車種は注意が必要です。

バイク用なんてもう最悪です。

一般的にカードはシート下ですよ。

荷箱が付いたバイク便業者なんてさらに最悪です。

手前の路肩でカードを抜こうとしていたらはねられるなんて事も

あるかもしれません。

可能なら極力通行止めに近づかないほうが良いかもしれません。


この状況下では

川越・所沢・入間・狭山など埼玉西部から都心方面への道路事情

は悪く、急送にはバイク便が最も活躍が期待できそうです。

------------------------------------------------------------

東京多摩地区、埼玉県南西地区発の荷物を扱うバイク便です。

tel-free-number2.gif

八王子 立川 青梅 所沢 川越 入間 即集荷 納品は全国対応

------------------------------------------------------------

にほんブログ村 バイクブログへ

バイク便アシストライン[Blog版 トップページ]




posted by バイク便ライダー at 04:02 | 東京 ☀ | TrackBack(0) | バイク便
にほんブログ村 バイクブログへ バイク便八王子立川所沢0120-38-0819 - View my recent photos on Flickriver